読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

便秘を解消する究極に安くて簡単な方法

便秘

f:id:kk56:20160314154541j:plain

便秘で悩んでいる女性は多いです。

「ストレッチやサプリメントなど色々やって毎回なんとか出してる」

「ほおっておくと、5日出ない時もある」

「子供の頃からずっと便秘。もう治らないと諦めている」

というあなたに、便秘を解消する究極に安くて簡単な方法をご紹介します。

私の周りにこの方法を続けて便秘が改善されなかった人はいません。100%は治らなくても、必ず良くはなります。安全なので悪くなることはありえません。この方法を続けると、体質改善ができる人もいます。

この方法はそのメカニズムをよく理解した人の方が効果が大きくなります。アーユルヴェーダの知恵なので、生活に身近で簡単に毎日続けることができます。

さぁ、長年の便秘から解消される時が来ました!薬やサプリメントに頼らず自力で排出する力を身に付けましょう。

まず、便とは何か?

主に食事で体内に入った食品を消化して栄養素を取り除いた残りカス。体にはもう何も用事はありません。体内に残ると肌に支障をきたすことが多く、たった1~2日でも吹き出物やシミの原因になります。

便秘の時、体の中はどうなっているのか?

「便秘ってどうしていけないの?」「いつかは出るからいいんじゃない?」「薬で出せればいいんじゃない?」と思いませんか?便秘になるとどうしていけないのか、便秘時の体内の様子から見てみましょう。便秘になると、私たちがよく感じるのは

●肌が荒れる

●お腹が苦しい(ウエストゴムじゃないと無理)

●寝不足

●イライラする

などの症状です。これらは、お腹の中で排出できない便が毒素をまき散らしてしまうことによって起こります。たとえば、お腹にある便の毒素が顔までとどくと、吹き出物になります。「お腹から顔まで行っちゃうの?!」と驚きますよね。血管やリンパ腺は全身をたえず巡っていますので、お腹から顔までも行っちゃうんです(^_^;)怖ろしいですよね。。。しかし!体の表面に見えてるものは、ほんの一部です。顔の表面にまで出てきている時は、もうすでに全身に毒素がまき散らされています。見えない内臓や血液にももちろん悪い影響を及ぼしているのです。便は一刻も早く排出しましょう。

また、便秘の状態が続くと、毒素を溜めやすい体質になっていきます。脂肪が体に付きやすかったり、生理が遅れたりもします。そして毎回薬で排出していると、自力で排出する力がだんだん弱まっていきます。そうなると、薬の量は増えていくという悪循環に陥ります。便の排出は毎日のことですので、なるべく薬に頼らずに排出できるようになることが目標です。

その場しのぎの便秘対策では、毎月繰り返してしまう

便秘対策はマッサージやツボ押し、運動、薬、食事、などいろいろあります。どれが良いとか悪いとかはありません。どれも一定の効果が期待できます。自分に合う方法を組み合わせて生活に取り入れましょう。その時のポイントはその時だけ便が出てもまたすぐに便秘になってしまうのでは意味がない、ということ。色々な方法がある中でもゆくゆくは便秘が治る方法を取り入れていくことが大切です。

便が出ない原因

色々ありますが、腸の排出力が弱いのが一番の原因かと私は思います。便秘の原因が食生活の乱れや運動不足であっても、腸の排出力が強ければ便は何とか排出することができるからです。

●腸の水分や油分の不足

●腸が躍動しない

●腸を動かす体力がない

水分や油分が足りないと、腸が乾燥して便がつかえます。便は腸が躍動して下へ下へ押されていきます。お腹周りの筋肉を温かくし、よく動かすと腸は躍動しやすくなりますが、デスクワークなどでじっとしている人の腸は刺激が少ないので、躍動しにくくなります。また、体力がないと腸を動かす力が残っていないので、便を移動させることができません。

毎日便をスムーズに出す体質になる方法

私が一番オススメなのはお白湯です。

お白湯とは、天然水などの純粋なお水を火にかけて沸騰させた飲み物です。

f:id:kk56:20160311154906j:plain

便秘を改善する薬やサプリメントなどもありますが、それらを飲む前に、まずは自分の腸のお掃除をすることが先決です。腸の壁に毒素(未消化物)がこびりついているとせっかくの薬も吸収することができず、そのまま腸を素通りして排泄されてしまいます。お白湯は腸をお掃除するのに最適です。

お白湯の効果

●体内の汚れを流しとる役目をしてくれます。手を洗う時にジュースやコーヒーで洗う人がいないのと同じで、体の中もきれいにするには水が一番良いです。

●人は暑い日にイライラしたり、雨の日に眠くなったりするように、いつも自然の影響を体に受けて生活しています。暑い日にイライラしないようにするには、たとえば冷たいおしぼりを首に当てるなどして体を冷やしますよね。それは体に冷たい水のエネルギーを取り込んだことになります。その考えと同じように、お白湯を飲むと便秘を解消するのに最適な自然のエネルギーを体に取り込むことができます。お白湯には火・水・風のエネルギーが含まれています。

・火のエネルギー・・・消化を促す力、腸を温め躍動させる力、新陳代謝

・水のエネルギー・・・毒素になじみ含ませる力、毒素を溶かす力

・風のエネルギー・・・止まっているものを押し出す力、体液を流す力 

このエネルギーをお白湯から直接取り込むことにより、自力での排出を促すサポートになります。薬などで強制的に排出する時とは体内の動きが全く違います。

お白湯の飲み方

毎日少しずつ1リットル以上飲みましょう。

「水は味がないから飲みにくいなぁ」という方は少し毒素が溜まっているかもしれません。少しずつ飲み量を増やしていきましょう。飲めた分だけ腸の毒素を排出できます。

慣れると「水が甘く感じる」「水以外飲みたくない」という感想を持つ方が多いです。

お白湯の作り方

f:id:kk56:20160314154920j:plain

水を温めて飲むだけです。天然水が自然のエネルギーが残っているため効果的です。➡【富士山の天然水】

①水を鍋ややかんで沸かす。

ポットでもOKですが、火で沸かすとさらに良いです。(火のエネルギー吸収)

②沸騰したら10~15分そのまま沸かす。

換気扇があったら回しましょう。(風のエネルギー吸収)

③80℃くらいに冷ませて、すするように飲みましょう。(風のエネルギー吸収)

 気を付けること

●お白湯は飲み続けることで、徐々に効果があらわれてきます。効果が出ない原因は飲む量が少ないからではなく、続けられなかったことに原因がある場合が多いです。飲む量は少しずつでも、一定期間は続けるようにしましょう。会社へはマイポットなどを持っていくと便利です。

●お白湯以外を飲んではいけないわけではありません。他の便秘解消法と並行して行っても全く問題ありません。

沸騰したお白湯に、冷たい水を混ぜてはいけません。お白湯は沸騰したときに火のエネルギーを取り込んで違う物質に化学変化しています。そこに冷たい水を混ぜてしまうと、せっかくの火のエネルギーが消えてしまいます。熱い時は冷まして飲むようにしましょう。

 

まとめ

便秘になる原因は人それぞれの生活習慣によって違いがあります。それによって、食生活を改善したり、運動したり、自分に合ったものを取り入れることが大切だとはわかっていますが、私の場合そんなに簡単に生活を変えることはできません。生活を変えずにプラスアルファで始められるものが長く続けやすいと思います。その点お白湯は、簡単に始められるし、どの原因のパターンの方でも一定の効果が期待できます。体内の毒素を排出することは健康の基本だからです。便秘だけでなく、ダイエットや美肌にも効果的です。是非今日から、お試しください。

 

あなたの健康を心から願っています。

 

 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

  ←記事が参考になったらポチお願いします。
人気ブログランキングへ

 

 

広告を非表示にする