病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

自宅でヘナの白髪染めをする方法(2工程)~生理痛の治し方⑤~

自宅でヘナを使って白髪染めをする方法をご紹介します。

ヘナは生理痛を治すだけでなく・・・

白髪を染めることもできます。

◆白髪はどのくらい染まるの?

とご心配のあなたのために、写真付きにしました。

 

工程は前回の「自宅での基本的なヘナのやり方」でもご紹介しましたが、

①ヘナペーストを作る

②ヘナを頭に塗る

③30分~1時間待つ

④洗い流す

これを2回繰り返します。

1回目はヘナ。2回目はインディゴで染めます。

 

※はじめからヘナにインディゴが混ざっている物もありますが、それは白髪は染まりませんのでご注意ください。ヘナの白髪染めは2工程でしかありえません。「ブラウン」と表記されていたりしますが、黒髪がブラウンになるという意味らしいです。

 

 

工程を全部書くと、

①ヘナペーストを作る

ヘナを頭に塗る

③30分~1時間待つ

④洗い流す

⑤インディゴペーストを作る

インディゴを頭に塗る

⑦15分~1時間待つ

⑧洗い流す

 

ヘナはお湯でといた後に1~2時間おくと発色が良くなるので、ヘナペーストだけ先に作っておくとスムーズです。インディゴは作ったらすぐ使ってください。

 

 

今回使ったヘナは、私が購入している白髪染めセット。

   ↓ 

f:id:kk56:20160302134607j:plain

◎白髪染めセットの内容

●かの子のハーバルヘナ25 一袋/100g

●インディゴ 一袋/100g

●アムラオイル 1回分×2本

●ハケ 2本

●ケープ 2枚

●手袋 2枚

●ヘナのやり方が載っているプリント

●他の商品の案内など

2回に分けて使えるように、ハケやケープが2個ずつ付いています。

 

ちなみにお値段は税込6045円。送料無料です。

 

では早速、白髪染めスタート!

 

ヘナペーストを作る

f:id:kk56:20160302125534j:plain

私の髪はボブなので、この袋のちょうど半分の50gをボウルに入れます。

使い込んでいるボウルなので、すでに青色になってますね(笑)

ここに90℃のお湯を入れて混ぜます。

「少しダマになる」「粘り気がある」のが良質なヘナです。

マヨネーズくらいの固さになるまでお湯を足します。

少し固めにして1~2時間ほど寝かせてから使うとより発色が良くなります。

 

ヘナを塗る

ケープを付けます。

まず、アムラオイルを指先に付けて、頭皮をマッサージします。

頭皮が柔らかいとヘナが浸透しやすくなります。

f:id:kk56:20160302141746j:plain

染める前はこんな感じ。切れ毛多いな!

f:id:kk56:20160302141251j:plain

染めたらこんな感じ。

f:id:kk56:20160302141547j:plain

 

ヘナを塗ると、頭が気持ち良いです。

カラー剤は全然気持ちよくないから、初めての時は驚きました。

 

ヘナが少なかったな。。。本当はもっとタップリがいいです。

 

余裕があれば、ティッシュを4つに折ってヘナを軽く塗って・・・

f:id:kk56:20160302142627j:plain

 

白髪の多い部分に乗せ、ラップでまくとよく染まる。 

f:id:kk56:20160302142757j:plain

 ヘナは温まるとよく染まるので、この上からタオルを巻いてドライヤーを当てました。

 

30分~1時間待つ

ヘナをするのが初めての方は30分で様子を見た方が良いです。

なぜなら、草木アレルギーが出るかもしれないから。

私は他のヘナを使った時、顔に赤いプツプツができました。「私は草木アレルギーなんだ」とガッカリしたのですが、こちらのヘナを使ったら1時間たってもプツプツが全然出ませんでした。むしろ、色白に。

アレルギー体質の方は、慎重なヘナ選びをおすすめします。

 

洗い流す

シャンプーはしないでOK。お湯で洗い流します。

ほんのりオレンジ色になりました。

f:id:kk56:20160302144444j:plain

 

⑤インディゴペーストを作る

私はボブなので、また50gボウルに入れてお湯で溶かしました。

インディゴは作ったら1時間以内に使ってください。

f:id:kk56:20160302145915j:plain

 

⑥インディゴを頭に塗る 

f:id:kk56:20160302150329j:plain

インディゴは白髪を染めたい部分だけでもOKです。

インディゴがまた気持ち良い~。

なんでこんなに気持ち良いんだろう。クセになります。

 

最後に分け目にたっぷり塗って、ティッシュでふたをします。

f:id:kk56:20160302150526j:plain

⑦15分~1時間待つ

待ち時間を調整するとお好みの色味にすることができます。添付のプリントによると、

・ブラウン系にしたい方・・・15~20分

・ブラック系にしたい方・・・30~60分

私は30分でいいかな?と思いましたが、気持ちよかったので45分に延長しました(笑)

 

⑧洗い流す

インディゴ後は、シャンプーを使わない派と使う派にわかれます。

◆使わない派の説明。

インディゴには殺菌作用があるので、

シャンプーを使わず、3日間頭を洗わなくてよいと言われています。

「3日も?!ベタつかない?」と思いましたが、私の場合さらっとしっとりして3日間良い感じでした。

むしろ、今までが洗いすぎでパサパサだったのかな、と思いました。

 

◆使う派の説明

インディゴが髪を殺菌してくれるので、髪の汚れは落とす必要がないのですが、インディゴ自体が髪に残るのが気になる、という方。

特にこちらのインディゴは濃い~ので、お湯で洗い流してもまだついています。

健康面で考えると、ついていてむしろOKなので、シャンプーをするなら軽くするのが良いと思います。

 

きれいに染まりました。

画像は光って緑色にも見える?けど、裸眼で見ると黒に染まっています。

f:id:kk56:20160302152151j:plain

 

毛根も立ち上がり、乾くうちにふんわりしてきました。いい感じ。

f:id:kk56:20160302153844j:plain

 

 最初はこうだった。

f:id:kk56:20160302141251j:plain

 

※ヘナは頭を冷やす効果があるので、早めにドライヤーで乾かしましょう。

 

以上、「自宅でヘナの白髪染めをする方法(2工程)」でした。

 

ブログに載せるので、いつもよりきれいに塗りました。

いつもはもっと適当です。分け目なんてないです。オールバック(笑)

それでもいつも染まるので、おおざっぱさんにもオススメです。

 

 

次回は「良質なヘナの選び方」の記事を書きます。 

ヘナは良質でないと子宮の毒素を排出できません。

ヘナの効果があるかどうかは「良質なヘナを選べるかどうか」が大きなポイントです。

odeko.hatenablog.jp

 

今回使ったヘナはこちらです。 

 

 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

  ←記事が参考になったらポチお願いします!
人気ブログランキングへ

 

広告を非表示にする