読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

お肌の老化を防ぐ!スキンケア対策の3つのポイント

年齢を重ねるごとに増えていくお肌の悩み・・・。

誰でも平等に年齢を重ねていきますが、お肌の衰えは日々のスキンケアにかかっています。

毎日のスキンケアをさぼっていた人と努力を重ねてきた人とでは、将来のお肌や見た目年齢には大きな差が生まれていることでしょう。

シミやしわを増やさないために、今からでもできるスキンケアでお肌の老化を食い止めましょう!

 

年齢を重ねて出てくるお肌の悩み

30代を迎えて、シミやしわが突然増えた気がする・・・なんて人も多いのでは。

シミやしわが出来るとそれだけで一気に老けて見えるようになってしまいます。他の人からすれば気にするほどではないシミでも、毎日鏡を見る自分ではどうしても気になってしまいますよね。

シミがあるだけで気分が落ち込んだり、俯きがちになったり。そうなると、喋る内容は変わらなくても知らず知らず暗い印象を相手に与えてしまったり、日常生活にも支障が出てきます。

また、シミやしわなどが気になるとそれだけメイクにも時間と手間がかかります。

トラブルを隠そうとメイクをすると、どうしてもファンデーションが厚塗りになり、不自然なメイクになってしまいます。化粧品の消耗も早まり不経済ですし、厚塗りメイクはそのものがお肌にとって大きな負担です。

肌トラブルを隠すためにメイクを重ね、お肌の負担が新しい肌トラブルに繋がる、という悪循環が生まれることになってしまうのです。

スキンケア対策の3つのポイント

お肌のトラブルは、一生懸命に仕事をプライベートを頑張っているからこそ。

ストレスや疲れの解消、適切なスキンケアを上手に行って、できるだけ元気な表情で生き生きとしたあなたを見せたいものです。

シミやしわ、くすみなどの肌トラブルを食い止めることが出来れば、これからも元気なあなたでもっともっと活躍できるはず。

今だけではなくこの先も、きれいなお肌で積極的な生き方を実現することができるよう、毎日のスキンケアを行っていきましょう。

ポイント1.洗顔

お肌が汚れた状態だと、毛穴が詰まったり皮脂の分泌の調整が上手くいかなくなったりと、お肌のターンオーバーに悪影響を与えます。

メイクをして外出した後の夜はもちろん、美容液を塗って寝て起きただけの朝にも、洗顔は必ず行うようにしましょう。寝ているだけでも、お肌の汚れは予想外にたまっているものです。

洗顔時はお肌に摩擦や刺激を与えないよう、手のひらや指のひらで優しくゆっくり行いましょう。

汚れを落とすため、とあまり時間をかけすぎても、必要な皮脂まで取り除くことになり乾燥に繋がりますので注意が必要です。

ポイント2.紫外線対策

紫外線は晴れの日や夏の間だけ気をつければいいと思っていませんが?

実は、雨や曇りの日、雪が降っている真冬の間にも、紫外線はたくさん降り注いでいるのです。

日差しが弱く感じる日でも、お肌は予想外にダメージを受けています。紫外線対策は一年を通して毎日確実に行うことが大切になてきます。

ポイント3.保湿

スキンケア化粧品において重視したいのが保湿効果です。

年齢を重ねると共にお肌の水分量は減少していく傾向にあります。乾燥は肌トラブルの大敵。足りなくなっていく水分量を補給してあげる必要があるのです。

化粧水で水分を補った後は、必ず乳液やクリームで水分が逃げないようカバーをしてあげてください。化粧水だけを塗った状態では、蒸発により余計にお肌の水分が逃げていってしまう可能性もあります。

美白効果などはサブ的に使用する美容液などに任せ、基本的な化粧品は保湿効果に特に重点を置いて選ぶとよいでしょう。

適切なスキンケアでお肌の老化を防ごう!

疲れたからと言ってメイクをしたまま寝てしまうのは厳禁です。

仕事で疲れ、ついつい面倒くさくなってしまう気持ちはわかりますが、お肌のためにもきちんとケアを行ってお肌を休めるようにしてください。

また、ストレスからの暴飲暴食は肌荒れのもと。もちろん、お肌だけでなく身体にもよくありませんので、出来る限り控えるようにしましょう。

忙しさに追われてスキンケアを怠ってしまうと、将来的に肌トラブルが表面化し、後悔することにも繋がりかねません。

シミやしわは出来てしまったものを消すよりも、出来る前のものを予防するほうがはるかに簡単。すでに肌トラブルが発生している人でも、対策は早ければ早いほど解決にも効果的です。

肌の状態が下り坂に差し掛かっている今だからこそ、将来のお肌にも気を使ったスキンケアを行っていきましょう。

広告を非表示にする