病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

気になるシミを撃退する効果的な方法

鏡を見た時にお肌が汚いと女性はショックを受けますよね。

20代の頃に比べると、シミが増えて気になるといった悩みを持ってはいませんか?

年齢を重ねるとどうしてもお肌の力が弱まる傾向にあります。きちんとスキンケアをしていても、積み重なった小さなダメージや、20代のころに受けた紫外線のダメージなどが今になってシミとして現れてくることもあるのです。

 シミが出来ることによる不安な気持ち

シミが出来てしまうと、どんなにメイクをしても、透明感のある綺麗なお肌に仕上がりません。シミを隠そうとメイクにも時間が掛かり、朝の貴重な時間を使ってしまうことになります。

また、シミは老けた印象に繋がり、見た目年齢を高くしてしまいます。特に大きなシミが顔に出来ると、一気に若い印象がなくなってしまいます。

出来てしまったシミは必要以上に気になり、人前に出るのもためらいがちになってしまいますね。出来ればシミには触れてほしくないなんて思って、下を向きがちになってしまったり、自信を持って喋ることができなくなったり。

鏡を見る度に消えてくれないかな、薄くならないかな、という暗い気持ちばかりになってしまいますし、このシミがずっとこのままだったらどうしようと不安な気持ちになりますよね。

シミの撃退に効果的な方法

もしもシミが消えたら、人前に堂々と出られるお肌になりますから、表情が明るくなって気持ちも前向きになれます。

また、シミを隠す必要がなくなると、メイクの時間も短縮できますので、今までより朝の時間に余裕が出てくるというメリットも。忙しい朝でも時間に余裕が持てるようになるのはとても嬉しいですよね。

ハイドロキノン配合のクリームを使う

シミをなくすのに効果的な方法にはハイドロキノン配合のクリームを使う方法があります。ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、シミを減少させる為の効果があるとされています。

ハイドロキノン配合のクリームの種類はさまざまで、市販の商品だと主に1%~4%ほどの濃度のものが売られています。

ハイドロキノンは美白効果が高い成分ですが、同時に非常に刺激の強いものでもあります。間違った使い方をすると逆に肌トラブルを引き起こしてしまうので注意が必要です。

使用の際は、顔に直接塗る前に、腕や脚など目立ちにくいところで必ずパッチテストを行うようにしましょう。赤みや炎症が起こった場合、ハイドロキノンそのものが肌に合っていないか、配合濃度が高すぎる可能性があります。

レーザー治療を行う

一般的なスキンケアでは、シミが増えることを予防したりシミの濃さを薄くしたりはできますが、完全にきれいに取り除くことはとても難しいです。長い年月と根気が必要にもなります。

シミをきれいに取り去りたい、あまり長い時間は掛けたくない、という方はレーザー治療を行うのもひとつの方法です。

レーザー治療ではメラニン色素細胞を破壊する事でシミを直接的に除去していきます。レーザー治療と言っても、具体的な治療方法や効果、費用などは病院などによっても様々です。信頼できる医師のもとで、自分の症状に合った方法できちんと治療を行いましょう。

またレーザー治療では術後のケアが非常に重要になってきます。術後ケアを怠れば、逆にシミが濃くなってしまったり新たな肌トラブルの原因になったりもします。

術後のケアには医師の指導のもと数か月以上にわたって行うため、その点では他のスキンケアよりも根気と努力が必要となります。

ピーリングで古い角質を除去

古い角質を除去する為に行うピーリングも、シミを薄くするのに効果的です。

ピーリングで古い角質を除去することで肌の生まれ変わり機能を整える効果があります。また、ピーリングは古い角質だけでなく、シミの原因となるメラニンを除去する効果もあると言われています。

しかし、ピーリングも肌への刺激がとても強い行為です。シミへの逆効果や、他の肌トラブルを引き起こす原因にもなることもあるため、やりすぎは禁物です。

お肌の調子が悪いときの使用は避け、期間も前回の使用から最低でも1か月は時間を開けるようにしましょう。

大切なのは素早い対策!

シミは放置すればするほど、どんどん濃くなったり数が増えたりしてしまいます。

完璧にシミを消すのは大変なことですが、きちんとした対策をとればシミを薄く目立たなくすることができます。また、これ以上数が増えることを防ぐことも可能です。

シミが気になり始めたら、長期間放置せずに早いうちに医師に相談したり、対策をとることが大切です。