病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

老けて見える原因。おでこのシワへの対処法

30代。必死に仕事をして、ふと気が付いたらいつの間にか出来たおでこのシワ・・・。

おでこにシワが出来ると見た目年齢が一気に上がり、老けて見られることも多くなってしまいます。

また、普段から前髪を出している人や、たまにおでこを出すヘアアレンジをするときなど、シワが目立つと困ってしまうことも多いです。

年齢的に仕方がない?
でも、自分がこんなに老け込んでいたなんて正直なところ受け入れたくないですよね。

そんな、突然のシワに戸惑い悩んでいる方へ、おでこにできたシワ対策スキンケアをご紹介します。

 

おでこにシワができると困ること

おでこにシワができて困ることといえば、まずはやっぱり一気に老けて見えてしまうこと。

シワがあるとないとでは、見た目年齢に大きな差が生まれます。

前髪で隠すにも限界がありますし、そのせいで雰囲気が野暮ったくなってしまうのも避けたいです。

また、前髪で上手くシワを隠せても、問題を解決したことにはなりません。

おでこにシワができるということは、お肌の水分やハリなどが失われているという証拠。放っておけば、おでこのシワから始まり顔全体の皮膚が下がってくるかも・・・。

でもこれは逆に言えば、おでこのシワが改善されれば、見た目年齢はぐっと若く見えるということでもあります!

できることなら一刻も早く、おでこのシワを薄くしたいですよね。でも、深いシワは急いでスキンケアをしてもなかなかすぐには戻らないので、気長に諦めずスキンケアを継続することが大切です。

おでこのシワを目立たなくする方法

保湿効果の高い化粧品を使う

シワの大きな原因は乾燥です。年齢を重ねるとお肌の水分量が減ってしまうのは仕方のないこと。

日々のスキンケアできちんと水分を補給し、保湿を行ってあげるようにしましょう。

化粧水や美容液は、保湿効果を重視して選ぶのがおすすめです。コットンパックを利用し、シワの奥深くまで成分を行き渡らせるようにしましょう。

与えた水分を逃がさないよう、乳液やクリームで仕上げをするのもお忘れなく。

頭皮マッサージをする

顔と頭の皮膚は繋がっています。おでこのシワの原因は、頭皮の疲れやたるみに原因があるのかも。

湯船に使ってリラックスしているときなど、頭皮をマッサージを行ってみてください。頭皮を傷つけないよう、指の平で優しく揉むように少しずつ頭皮を動かします。

毎日お仕事をして、頭皮は意外に固まっています。おでこのシワだけでなく、疲労の回復にもとても効果があります。

おでこにシワを寄せないよう注意する

お肌はまだ元気そうなのに、なぜかおでこだけにシワが・・・。

そんな方は、自分でも知らず知らずのうちにおでこにシワを寄せることが癖になっているのかも。

勉強中、仕事中、家事の合間など、なにかの作業に集中しているとき、おでこにシワを寄せる表情をしていないかチェックしてみてください。

姿勢が悪かったり、顎を引きすぎて上目づかいのようにパソコンを見つめているかもしれません。

ストレスをためないことも大切

30代になると、一気にお肌の加齢化が進みます。
水分量が減って乾燥が始まったり、若いころのダメージが今になって表面化してくるケースも多いです。

20代では急いで対処すればなんとか持ち直せたことも、30代になるとなかなか難しくなってきます。

お肌に悪影響なことをしていないか日頃から気を配り、保湿を重視したスキンケアなどをきちんと行うことを習慣付けましょう。

とはいえ、シワに思い悩んでストレスをためてしまっては、おでこのシワだけではなくお肌全体に悪い影響を与えてしまうことも。

毎日鏡を見ていると自分では変化がわかりにくいので、努力の効果が表れているのか不安になりモチベーションも下がってしまいますね。

定期的に写真をとるなどして、一か月前と今を比べるなど変化がわかるような工夫をしてみると良いかもしれません。

少しお値段はするかもしれませんが、欲しかった品質の良い化粧品を思い切って買ってみるのも良いかもしれませんね。

息抜きをしながら、楽しむつもりでおでこのシワと向き合っていきましょう。

広告を非表示にする