病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

ほうれい線が気になり始めた人に!今すぐできる簡単な対策

30代になってほうれい線がなんとなく目立ってきた・・・。

年齢的に仕方ない?早すぎない?こんなもの?

一度できてしまったほうれい線。ショックだけど年齢的に仕方ないものと諦めるべきなのか、悩んでいませんか?

ほうれい線が目立たなくなれば、見た目年齢はもちろん気分も明るく若々しくなり、自分に自信が持てるようになるでしょう。

では、ほうれい線は一体どうしたら目立たなくできるのでしょうか。今すぐでもできる、手軽なほうれい線対策の方法をご紹介します。

 

ほうれい線が引き起こすデメリット3つ

化粧が上手くいかなくなる

ほうれい線が出来ると、ファンデーションがシワの溝に入り込んでしまったり、せっかくの化粧がすぐによれてしまったり、なかなか化粧が上手くいかなくなります。

隠そうとすればするほどファンデーションが不自然に重なり、余計にほうれい線が目立ってしまうという悪循環に・・・。

笑いたいのに笑えない

ほうれい線が気になってしまい、思うように笑えなくなる人も多いのでは?

笑うとほうれい線が目立ってしまうのではないか、ほうれい線がより深くなってしまうのではないかと、不安と心配でせっかくの楽しい気持ちも台無しになってしまいます。

疲れてる?と聞かれてしまう

ほうれい線があると、生活感が滲み出て疲れているように見えてしまいます。

いつも通りの朝に「疲れてる?」なんて聞かれては、そんな風に見えるのかとせっかくの朝に暗い気持ちが差し込んでしまいますね。



他にも、ほうれい線があるとないとでは見た目年齢に大きく差が出るなど、女性にとっては嬉しくないことばかりです。

世の中の30代・40代の女性たちで、ほうれい線に悩んでいるという人はとても多いのです。

ほうれい線を目立たなくする3つの対策

口の内側からマッサージする

口の中に親指を入れて、ほうれい線を内側から押し出すようにマッサージします。内側からシワを伸ばすことで、目立たなくしていく効果があります。

外ではなかなか難しいですが、おうちの中であれば指一本で出来る簡単なマッサージです。指が気になる人は、コントロールが少し難しいですが、舌を利用しても良いでしょう。

鏡を見ながらシワが伸びていることを確認しながら行うとより効果的です。

顔の筋肉を鍛えてたるみを解消する

普段あまり使っていない顔の筋肉、特に頬を鍛えましょう。口を横に大きく開け、頬の筋肉を上に動かすエクササイズをします。

頬の筋肉が弱ると皮膚がたるんでしまい、ほうれい線が深くなる原因になります。

上手く筋肉を動かせない人は、初めは両手を使って頬を持ち上げると良いでしょう。

 

しっかり保湿でお肌を瑞々しく

お肌の水分は加齢によって減少する傾向があるため、瑞々しいお肌を保つには外部からも補給をしなくてはなりません。

化粧水や美容液は、保湿を最重視しましょう。特にセラミドが含まれたものが良いです。細胞と細胞の間を埋め、水分を蓄えるのでシワ対策には効果的です。

化粧水や美容液はそれ単体だと蒸発してよりお肌の乾燥を招く場合もあります。保湿を目的とした場合、乳液やクリームを使って水分をカバーすることも忘れず行うようにしましょう。

まとめ

ほうれい線の対策としては、他にお肌の大敵の紫外線対策も入念に行う必要があります。紫外線のダメージは肌の細胞を傷つけ、乾燥やシワの増加を促進してしまいます。

最も簡単なほうれい線対策としては、常日頃から笑顔を心掛けることです。顔の筋肉が衰えると肌のたるみ、ほうれい線が深くなってしまいます。

ほうれい線が気になって思うように笑えないかもしれませんが、人目につかないところでも良いので定期的に笑顔の形を作るよう習慣付け、1日中無表情で過ごすなんてことがないように気をつけましょう。

お肌の小さな変化に気づけるのは美意識が高い証拠です。気にしていなければ、取り返しがつかなくなってから慌てることになっていたかも。

ほうれい線が気になり始めた人は、これがチャンスと思って今すぐできる簡単な対策から取り組んでみてくださいね。