読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

保湿&栄養補給!シミに効果的なスキンケア対策

30代になって急に目尻や頬にシミが増えてきて悩んでいませんか?

スキンケアにもちゃんと気を使っているのになんで・・・?とショックを受けている方も多いでしょう。

シミは昨日今日で出来るものではありません。小さなダメージが長年積み重なってきたものが、30代になりお肌の力が弱まることにより表面化してくるケースも多いのです。

 シミ発生!3つのデメリット

シミの発生はお肌の力が弱まっているサイン。そのまま放置してしまうと、他の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もありますので、きちんとした対策を行っていく必要があります。

シミができると、具体的にはどんなデメリットがあるでしょうか。

 メラニン色素の活性化によるくすみ

シミができるということは、お肌のメラニン色素の生成が活性化している証拠です。

シミの発生だけでなく、顔全体のお肌のくすみも気になり始めます。特に、目元や鼻、口周りは要注意ポイントです。

見た目年齢の上昇と自信喪失

見た目年齢が一気に上がってしまうというデメリットも大きいです。

人から指摘されずとも、毎日鏡を見るたびにシミが気になり気分が落ち込んでしまうなど、女性によってはかなりダメージを受けてしまうため、そのまま自信を失ってしまう人も多いようです。

肌荒れ、化粧ノリが悪く

シミができることでお肌のキメが整わなくなったり、乾燥が気になってくることもあります。

化粧のノリが悪くなってしまうので、毎朝のスキンケアやメイクに時間が取られ、余計なストレスにもなってしまいます。

シミ撃退!3つのスキンケア対策

様々な原因から発生する顔のシミ・・・。

しかし、20代や30代でしたら、誰もがみずみずしさとハリを兼ね備えた若々しい素肌を取り戻したいと強く願うはずです。

シミは、適切なスキンケアを行っていれば必ず改善させることができます。シミのようなお肌トラブルはとにかく一に保湿、二に栄養補給と言われているのです。

気になるシミを撃退することができれば、若さを再び取り戻して積極的な自分に戻れることでしょう。

シミに効果があるお手入れ方法は、3つあります。

ビタミンC誘導体が配合された美容液を使う 

ビタミンC誘導体はシミの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあることがわかっています。
お肌に浸透させることで細胞組織に働きかけ美肌へと導いてくれます。

 ピーリング効果のあるスキンケアでお手入れする

ピーリング効果のある洗顔石鹸やローションなどを使うことによってシミのできたお肌の角質をやさしく取り除き、皮膚の新陳代謝を助けます。

それにより古いシミの角質層から新しい皮膚へと生まれ変わるので徐々にシミが薄くなる効果が期待できます。

お肌の保湿を徹底する

乾燥はあらゆるお肌のトラブルの元です。しっかりと潤いを与えられたお肌は新陳代謝も活性化し、シミを薄くしたり、シミのできにくい皮膚を作ります。

毎朝晩の洗顔後に高保湿作用のある美容液などでしっかりお手入れをしましょう。

 注意すべき間違ったスキンケア方法

スキンケアに関しては、実に様々な方法を耳にします。
間違ったスキンケアを行っていると逆にシミが濃くなってしまったりすることもあるので注意が必要です。

まず、シミを薄くしたいばかりに洗顔時に皮膚をこすりすぎてしまうことは避けましょう。これは上の項目にあるピーリングをするときにも注意しなけばいけないことです。


お肌に必要以上の摩擦は厳禁なので、しっかり泡立てたフェイスフォームでやさしくお肌を包み込むように洗顔する習慣をつけましょう。


また、美白美容液などをシミの部分に集中的に擦り込むことは避けましょう。

シミに効果があるならと、気になる部分についたくさん塗ってしまう気持ちはとてもよくわかります。しかし、こういった美容液はたくさん塗り込めば効果があるというものでもありません。

 

かえってお肌にに刺激を与えてしまい、シミが濃くなってしまったり、他の肌トラブルの原因になってしまうこともあるのです。

まとめ

30代から増え始めるシミは、働く女性にとっては大きな悩みの種だと思います。

お肌の力がどうしても弱まってくる30代からは、美白ケアや乾燥対策を今まで以上にしっかり行っていく必要があります。

 

日頃の努力が必ず結果に結びついていくはずです。

シミが気にならない若々しいお肌を取り戻すため、諦めずにお手入れを行っていきましょう。

広告を非表示にする