読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院で治らない病気を治す方法

病院で治らない病気で悩んでいる人に、アーユルヴェーダの教えから病気の真の原因と対策を紹介

これ以上シミを増やしたくない方に!馬油のシミ予防効果

シミの原因と対策

顔にシミができてしまい、これからどう予防していいのか悩んでいませんか?

シミができる・・・すごくショックなことですよね。


これ以上シミを増やしたくないけど何をしたらいいのか分からない。そんな人に、今回は馬油が持つシミ予防効果についてご紹介します。

 
顔にシミができると、そのシミを隠すために手間や時間が掛かってしまいます。

毎朝のお化粧でも、シミを消すために貴重な朝の時間をたくさん費やさなければなりません。

また、シミ消しに便利なコンシーラーなどの化粧品も、シミが増えればそれだけ消耗が早くなり、化粧品代の負担なども大きくなってしまいますね。

時間もお金も消耗し、そのうえ毎日鏡で顔を見るたびに悲しい気持ちになったり、シミが増えてないか不安になったり、ストレスも大きい……。

まさに、100害あって1利なしです。

そんな生活はもう嫌!
でも、何をどうすればいいのか分からない、という人も多いと思います。

シミが増える不安感が消えれば、時間もお金も節約でき、さらには精神面のストレスも大幅に減りますので、自分への自信がより高まることに繋がります。

シミのない顔になれば、職場の人や友人などの身近な人から羨ましいと褒められる機会も増えるかもしれませんね。

 シミ予防には馬油がおすすめ!

1.馬油の効果

美容や健康などさまざまな効果があることで有名な馬油。
実はシミ予防にも効果があると言われているのです。

馬油とは、その名の通り「馬の油」。馬のお腹の脂肪などを火にかけることで、不純物を取り除いて作られています。


油と聞くとべたべたするイメージがありますが、馬油は人間の皮脂と近い性質を持っているため、肌への浸透力がとても良くべたつきも少ない優れもの。

シミ予防に限らずハンドクリーム代わりとしても使えますし、消耗が早くても薬局などで手軽に買うことができるので、毎日の継続が大切なシミ予防には最適です!

2.馬油の使用方法

使用するタイミングは朝晩の2回。

洗顔で余分な汚れや皮脂を洗い落としたあと、まずは気になるシミの部分に少量の馬油をつけていきます。


3本指を使って優しくすり込むように塗りながら、顔全体にもゆっくりと馬油を塗り広げます。
このとき、顔を優しくマッサージするような感覚で行うと、同時にたるみ予防の効果も期待できます。

3.紫外線対策も同時に!

シミを増やさないためには、シミ予防だけでなく紫外線対策も非常に重要です。
日焼け止めや紫外線対策の化粧品を使用する際は、馬油よりも先にそちらを塗ってください。

馬油のシミ増進予防と日焼け止めによる紫外線予防、2つの予防効果でシミ対策を完璧に行いましょう!

シミ予防、これだけは気を付けるべきこと

1.短時間の外出でも紫外線対策を!

ゴミ出しや洗濯など、短時間の外出というのは意外に多いもの。

少しだけだし大丈夫だろうと、なんの対策もせずに外に出ていませんか?


なんのバリアも張っていない皮膚は紫外線のダメージをそのまま受け取ってしまいます。
いくら短時間だと言っても、顔に何も塗らずに太陽の元に出ることは、シミを発生させる可能性を高めてしまいとても危険です。

2.化粧直しはこまめに!

いくらシミ対策をばっちりしていても、時間が経つにつれ化粧や日焼け止めは落ちてしまいます。

せっかくの対策が薄れて、ダメージを受けやすい状態になってしまえば、当然シミが発生する可能性も高くなります。


外出時は、2~3時間に一度は化粧直しを行うように心がけましょう。

シミのない未来を目指して

顔にできてしまったシミは対策をしていかないと、これからもどんどん増え続けてしまいます。

今回紹介した馬油をはじめ、日焼け止めやシミ予防の化粧品をしっかり利用して、これ以上シミを増やさない努力をしていかなければいけません。

 

大変かもしれませんが、将来的にシミの少ない顔を維持するためには毎日の継続が非常に重要です。

数年後や10年後、20年後、きちんと予防をしてきたよかった!と思えるように小さな積み重ねを大切にしていきましょう。

広告を非表示にする